モバイル 一般企業 情報起業

BYODの場合? 株式会社ジェーエムエーシステムズ

EAS

管理人です。

株式会社ジェーエムエーシステムズ
(略称 : JMAS, ジェーマス)

JMA Systems Corporation

丸尾 健司

東京都港区海岸1-16-1 ニューピア竹芝サウスタワー18F

03-3431-7401

大阪市中央区今橋3丁目1番7号 日本生命今橋ビル7F

06-6204-4045

「スマフォのビジネス使用」というと個人所有のスマフォを業務利用したり、社内システムに接続させるか否か?の問題が必ず出て来ます。

まあ、BYOD(Bring Your Own Device)ですね。

様々なメリットがある反面、リスク管理も重要になります。

セキュリティーや情報漏れには非常に注意が必要です。

そんな中で、BYODの利点を維持しながらセキュリティー問題もクリアするシステムが「EAS(Enterprise Application Store)」と言われるソリューションです。

特に注目されているのが、CEC/JMASが提供するスマートデバイス専用アプリケーション管理システム
cloudappbase」。

この製品の最大の特徴は「個人モード」「業務モード」を2つの領域として完全分離します。

個人モードの時は自由が担保されており、業務モード時は定められたアプリケーション管理上に登録されたシステムしか利用できない仕組みです。

またDL領域も制限されます。

また自動的に暗号モードになるので、万が一流出しても情報漏えいがありません。

ビジネスにデバイスをリンクさせる時には高度なセキュリティー設定が必須です。

この流れは中小零細・個人ベースでも求められ始めています。

何かありましたらコメント下さい。

バクロキング メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。